越後ごぜ

越後瞽女の文化的な意義

瞽女たちが伝承していた唄には、明治以降に生まれた近代の流行り唄も多いが、江戸時代から歌い継がれてきたいっそう古い俗曲もあって、録音機がなかった時代のすでに忘れ去られた唄を生のまま伝えてきた点で、日本の民衆音楽の生き証人だった。また瞽女の芸能や生活はそれじたいが貴重な文化遺産であったが、しかしそれは瞽女の旅回りを支えた瞽女宿の制度や瞽女唄の良き聞き手たちがあってのことであった。1991年4月に高橋実氏とともに有志のみなさんに呼び掛けて結成した「瞽女唄ネットワーク」は、越後の村々の篤志家が無償で瞽女を泊めたいわゆる瞽女宿の制度にならい、いまだ瞽女たちの記憶を留めていた良き聞き手たちと現代の瞽女唄伝承者を通じて交流を楽しもうという試みだった。

 

 

 

 

   九十五歳の小林ハル    在りし日の最後の瞽女三人 小林ハル・杉本シズ・金子セキ (新潟県胎内市 胎内やすらぎの家 1995.06)

越後瞽女(ごぜ)の組織と業態

   ⇒ ファイル:越後ごぜの組織と業態.pdf

 

 

 

小林ハル晩年の歌声

■都々逸— 越後瞽女小林ハル96歳のときの演唱。歌詞が目出度い文句になっているのは瞽女唄の祝福芸としての性格からである。

■段物— 『明石御前』は、東海道の三島宿で、或る大名行列の道切りをし、情け容赦なく斬罪に処せられた幼い娘の父が、その大名を待ち伏せして、復讐を遂げた話である。ここにのせた部分は、娘の小菊が行列の前に飛びだして捕らえられ、処分を待つところ。録音は1996年3月、ハル女96歳のとき、胎内安らぎの家にて。

 

瞽女と瞽女唄事典

あとで記載します。