拙著の本棚でも紹介してありますが、万葉集の研究書として次の図書を刊行しました。

『花儿会と歌垣―辺境の歌文化―』314頁  価格 7,900円+税 2019年9月 三弥井書店刊

            








 

 

万葉時代は夫婦別姓!

次は夫婦の贈答歌(巻二〇、武蔵国の防人歌より)

 4423 足柄の御坂(みさか)に立して袖振らば家なる妹はさやに見もかも

   右一首、埼玉郡上丁藤原部等母麻呂(ともまろ)


 4424 色深く背なが衣(ころも)は染めましを御坂給(たば)らばまさやかに見む

   右一首、妻、物部刀自売(とじめ)

 ★防人に出かける夫の姓は藤原部、それを送る妻の姓は物部

万葉集選歌評釈

巻八 春の雜歌より 志貴皇子の懽びの御歌一首

1418 石走る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも   巻八 春雜歌1418.pdf

巻八 夏の雑歌より 藤原夫人の歌一首 他一首

1465 霍公鳥いたくな鳴きそ汝が声を五月の玉にあへ貫くまでに    巻八 ホトトギスの歌1465.pdf

巻八 秋の相聞より 額田王思近江天皇作歌一首

1606 君待つと我が恋ひ居れば我が屋戸の簾動かし秋の風吹く        巻八君待つと.pdf

巻八 冬の雜歌より 大伴旅人の雪を見て京を憶ふ歌

1650 沫雪のほどろほどろに降りしけば奈良の都し思ほゆるかも     巻八 冬の雑歌.pdf

巻十一の相聞往来歌より 万葉女性の恥じらい

2554 相見ては面隠さるるものからに継ぎて見まくの欲しき君かも    万葉集 巻十一.pdf

巻十二の相聞往来歌より 馬を詠んだ牧歌的な歌

3096 馬柵越しに麦食む駒の罵らゆれど猶し恋しく思ひかねつも       万葉集3096.pdf

巻十二の相聞往来歌より 歌垣の歌

2951 海石榴市の八十の衢に立ち平し結びし紐を解かまく惜しも      巻十二2951.pdf

巻十三の譬喩歌より 作者未詳の恋歌

3323 しなたつ 筑摩さのかた 息長の 越智の小菅・・・・(長歌)       巻十三 譬喩歌3323.pdf

巻十三の挽歌より 泊瀬の亡妻挽歌(妻の死を悼む挽歌)

3330~3332 隠国の 長谷の川の 上つ瀬に 鵜を八つ潜け・・・・(長歌)    巻十三3330・3332.pdf

巻十四の東歌より 上野国の歌(麻を引く作業の歌)

3404 上つ毛野安蘇の真麻むらかき抱き寝れど飽かぬをあどか我がせむ     巻十四・3404.pdf

巻十五 中臣宅守と狭野茅上娘子との贈答歌より

3724  君が行く道の長手を繰り畳ね焼き滅ぼさむ天の火もがも     巻十五・3724.pdf

巻十六 池田朝臣と大神朝臣奥守との戯笑歌

3840 寺々の女餓鬼申さく大神の男餓鬼賜りてその子生まはむ      巻十六・3840.pdf

巻十七 松の花の女歌

3942 松の花 花数にしも我が背子が思へらなくにもとな咲きつつ  松の花巻十七3942.pdf 

巻十八 長浜の浦の月(大伴家持)

4029 珠洲の海に朝開きして漕ぎ来れば長浜の浦に月照りにけり  万葉集巻十八4029.pdf

巻十九 大伴家持の越中時代の歌

4143 もののふの八十娘子らが汲み乱ふ寺井の上の堅香子の花

4150 朝床に聞けば遥けし射水川朝漕ぎしつつ唄ふ舟人  巻十九カタクリ・舟人の歌414350.pdf